CHECK

サブスクリプションよりもCDの方が音質が良い場合がある

サブスクリプションよりもCDの方が音質が良い場合がある

音楽配信サービスのサブスクリプションではデータを丸ごとダウンロードするのではなく、分割してその都度必要な分だけをダウンロードするストリーミング再生が主流です。
昨今ではスマートフォンなどのモバイルデバイスが全盛となっており、有線の光ファイバー回線と比較して速度が遅い環境で音楽を楽しむ方も増えています。
そのため、あまりにも大容量のデータのダウンロードは難しく、圧縮データを採用して容量を抑えてスムースな再生を実現することに主眼が置かれているため、実用範囲とは言え音質が低くなっています。
一方、CDの場合はネットワークを介さずに再生ができるのでそのような通信の制限とは無縁で、容量が許す限りいくらでもデータを記録することが可能です。
一部のCDには非圧縮データを採用し、アーティストがレコーディングを行った際に作られたそのままの高音質でライブ感のある音楽を楽しむことができます。
音楽配信サービスが主流となっても、まだまだCDにアドバンテージのある要素があります。

好きな音楽があるなら誰でも始めやすいCD収集

CDの収集は、これから始める趣味として楽しめるものと言えるかもしれません。
というのも誰しも好みの音楽があるでしょうから、そこから始めていくだけでも十分なコレクションを作り上げることができるからです。
もし他にも好きなジャンルがあるならばそちらを重点的に集めるのも構いませんし、もっと違ったタイプの音楽を聞いてみようと新しいスタイルのアーティストに手を伸ばすのも楽しめるはずです。
特にCD収集は、元の価格がそれほど高くないのでお金もかかりません。
1枚あたりの価格は数千円程度で済ませることができますし、趣味としても誰にでも始めやすいのではないでしょうか。
とはいえ何百枚も集めるとなるとそれなりの費用はかかります。
そんな時には中古のCDをコレクションすることをお勧めします。
中古ならば価格が劇的に安くなっているのでたくさん買っても負担感はありません。
新品の市場では手に入れることが難しい珍しい商品もあるので、コレクションする価値は大いにあります。

CDに関する情報サイト
CDの価値や魅力

このサイトでは、サブスクリプションが主流となった現代で改めて見直されているCDの価値や魅力をお伝えしていきます。
不要になった場合に、買取ショップ等で高値で売却するポイントも解説します。
また、このサイトでは、ブックレットやジャケットデザインの魅力や鑑賞のポイントについても触れていきます。
さらに、サブスクリプションとの音質の違いについても、分かりやすく解説します。
音質にこだわって音楽を聴きたい方必見の情報です。

Search